糖質カットサプリはどこで買う?おすすめはドラッグストアorネット?

糖質カット サプリ

糖質制限ダイエットとアボカド

 

ダイエットの方法は人それぞれですが、摂取カロリーを見直す場合がほとんどでしょう。カロリー制限によるダイエットに対して、糖質制限によるダイエットが注目を集めています。これはエネルギー源となる3大栄養素の糖質、脂質、たんぱく質のうち、糖質だけを制限するものです。糖質不足になるので、エネルギー源として脂肪が燃やされて痩せるというわけです。

 

そんな糖質制限ダイエット中に、とてもおすすめな食材があります。それはアボカドです。糖質制限をしている時は当然ですが糖質が含まれているものは食べられません。白米やパン、お菓子類などは気を付けることが出来ますが、野菜にも糖質が含まれていたりします。糖質制限ダイエットを成功させるコツは、ロカボ(糖質制限)食材をどれだけ知っているかです。その中の一つがアボカドです。今回は、ボカドの魅力についてお話します。

 

アボカドに含まれている糖質はとても少ないです。100gに0.9gしかありません。フルーツの多くは100gに10〜20gの糖分を含んでいるものなので、アボカドはかなり少ないと言えるでしょう。カロリー制限のダイエットをしている人には、アボカドは敬遠されています。しかし糖質制限ダイエットでは、糖質だけを気にしていれば良いので心配いりません。様々な調味料と相性が良く、料理にも使えますから摂取しやすいでしょう。

 

アボカドにはたくさんの栄養素が含まれています。オレイン酸や食物繊維、ビタミンB群、ビタミンE、葉酸、カリウム、グルタチオンなど、体に良い栄養素がたっぷりですよ。

 

糖質制限ダイエットと胃の調子

 

糖質制限をしてダイエットに励む人が増えてきています。以前はカロリー制限が主流だったダイエットですが、面倒なカロリー計算がなくて続けやすい、糖質制限ダイエットが注目を集めているのです。糖質制限ダイエットは、糖質のことだけを考えていればいいのです。そして結果が早く出るので達成感も味わえます。

 

糖質制限によって、自分の体に何か異変を感じる人もいるようです。その一つがお腹の調子です。胃の調子がおかしいとか、ゴロゴロ鳴るとか、胃もたれのような感じがあるとか、お腹関係の不調を訴える人が多いようです。脂質を摂りすぎているのではないかと不安になっている人もいるようです。

 

しかしこの変化は体に良い傾向なのです。胃の調子が悪いからやめるというのはもったいないかも知れません。もしかしたら好転反応と呼ばれるものかも知れないのです。糖質というのは体を動かすためのエネルギー源になる栄養素です。とても大事な栄養素なのです。ですが過剰摂取している場合は、余分な糖質が脂肪に変わってしまうために肥満につながります。これを解決するためのダイエット法が糖質制限ダイエットなのです。日ごろから甘いものばかり食べて人ほど、効果が早く出てきます。

 

 

糖質制限することで、血糖値の上昇が防げるので体が軽くなった感じがする人もいます。ですが胃の調子が悪くなる人もいます。これは悪い状態が良くなる時に出る好転反応かも知れません。単に体質に合わないだけの場合もありますので、判断は難しいでしょう。

 

糖質制限ダイエットは長期的なもの

 

糖質制限ダイエットというものがあります。カロリー制限ダイエットとはまた違って、糖質だけに注目したダイエット方法です。カロリー制限ダイエットのように、面倒なカロリー計算は必要ありませんし、効果を実感しやすいので人気のダイエット方法です。

 

この糖質制限ダイエットは、長期間続けることで効果が出てきます。痩せたと思ってすぐにやめてしまう人もいるのですが、そのあとまた元の食生活に戻ることですぐにまた太ってしまいます。一生使えるダイエットとも言われていますので、どのような方法か知っておくと良いかもしれませんね。

 

糖質制限ダイエットを始めたばかりの頃は、やる気に満ちているので糖質制限も楽に出来ることでしょう。ですがこれが長く続いてくるとどうでしょうか。少しずつ甘い食べ物が恋しくなってくるかもしれませんね。

 

そんな人には筋トレも一緒にやることをおすすめします。筋肉を付けることで、基礎代謝をアップさせるのです。単に体重を減らすだけでなく、それを維持するためにも基礎代謝をアップさせるのはとても効果的です。筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、そして体重も減っているのなら、少しは糖質制限を緩めても良いかも知れません。しかし緩めたことで、甘いものをまた食べ始めてしまうようになる恐れがあることは、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

糖質制限をすると、肝臓の糖新生によって脂肪がエネルギーとして使われます。ですから脂肪がどんどん燃焼していきます。その結果痩せて行くという仕組みです。

 

糖質制限とインスリン抵抗性

 

糖質制限ダイエットというものをご存知でしょうか。これは糖質の摂取を制限して、代わりに脂肪をエネルギーとして燃焼させて痩せようというものです。カロリー制限ダイエットが主流だったのですが、最近はこの糖質制限ダイエットが注目を集めています。カロリー制限ダイエットでは、カロリー計算が面倒です。でも糖質制限ダイエットは糖質のことだけ考えればよいので、カロリー計算は必要ありません。

 

太る理由というのはカロリーではないんです。糖質こそが太る原因なのです。糖質によって血糖値が上昇すると、それを抑えるためにインスリンが分泌されてきます。インスリンには脂肪を蓄える働きもあるので、肥満につながります。

 

また血糖値が上がりインスリンがたくさん分泌されると、体中の細胞にブドウ糖が取りこまれます。そうすることで血糖値が下がるのです。でも細胞内で使いきれなかった余分な糖分は脂肪に変わってしまいます。そして内臓脂肪や皮下脂肪となるのです。

 

このように血糖値が上がってインスリンが大量に出ると、太りやすくなるというメカニズムがお分かりいただけたでしょうか。インスリンによって脂肪がたまると、体に良くないことが起こります。インスリンの効果が薄れてしまうのです。内臓脂肪が増えるのが特に良くなくて、このようにインスリンの働きが鈍ることをインスリン抵抗性と呼んでいます。インスリン抵抗性がある人は、他の人より余計にインスリンを出さないと血糖値が下がりません。大量のインスリンが出れば、脂肪がさらについてしまい悪循環に陥ります。

 

糖質制限と炭水化物制限

 

ダイエットと言えば、カロリー制限が主流でした。しかし今は糖質制限をするダイエット方法が注目を集めています。糖質制限や炭水化物抜きによるダイエットは、結果が早く出るので効果を実感しやすいです。

 

炭水化物と糖質は、言葉が違うのでまったく違ったダイエット方法と思う人もいるかも知れませんが、炭水化物は分解されると糖になりますので、体の中での働き的には同じです。ですが本当の意味での炭水化物を制限するということですと、なんと食物繊維もカットしなくてはいけないことになってしまいます。食物繊維は便秘で効果的です。これを制限してしまうことになるのは困りますね。食物繊維というのは、炭水化物に分類されています。

 

学校の教科書には、炭水化物というと糖質と習います。白米やパン、パスタ、ラーメンやうどん。これらは主食と言われるものです。またかぼちゃやサツマイモ、トウモロコシなどの甘い野菜にも含まれています。

 

そして食物繊維も炭水化物です。炭水化物というのは糖質+食物繊維と言えます。食物繊維は便の量を増やすことで便秘解消する働きがあります。ですから炭水化物を抜くということは、食物繊維も一緒に抜くということになってしまいます。食物繊維を制限してしまったら、すぐに便秘で悩むことになるでしょう。

 

ですから炭水化物ダイエットというのは誤解を招きやすいので、糖質制限ダイエットと呼ばれる場合が多いです。制限するといっても、全体のバランスを見て健康でいられる範囲で制限しましょう。

 

糖質制限で摂取するべき栄養素

 

糖質制限食では、タンパク質や脂質が多い食品の摂取量を増やすことになります。他の食品ももちろん増やすのですが、特にこれらはカロリーを作る上で重要とされます。人間が体の中でエネルギーにできるのは、炭水化物とタンパク質、そして脂肪の三種類だけです。

 

この中でも最もエネルギーにしやすいのが炭水化物の中の糖質で、これをカットするようになりますから、他のエネルギー源をしっかり摂取しないとどうしてもエネルギーが不足して日々の活動にも悪影響が出てしまいます。ですから、タンパク質の多い大豆食品や肉や魚貝類・卵などはしっかり食べるようにしましょう。

 

低脂質の肉に限らず、脂肪分の多いものを食べても構いません。通常、私たちの食生活ではエネルギー源の半分程度は炭水化物から摂取しているものです。脂肪分やタンパク質の多い食品を倍食べるくらいしないと元の水準でエネルギーを得ることはできませんから、よほどでなければ食べすぎにはなりません。

 

注意するべきは基本的には糖質ですが、糖質以外をエネルギーとして利用するには、体の代謝が重要になります。その代謝には多くの材料が必要となりますので、そのために体の調子を整えるビタミンやミネラルはしっかり摂取するようにしましょう。

 

野菜や果物の中には、糖質量が多いものもありますので、こういったものは注意しながら食べる必要があります。どうしても調整がうまくいかない場合には、サプリメントなども利用して栄養バランスを整えるようにしてください。

更新履歴